津居山の津居山ガニは、城崎温泉で有名な兵庫県城崎の津居山港で水揚げされたズワイガニのブランド名で、その証明のために青いタグが付けられています。 冬の日本海で獲れるカニの中でも特においしいカニとして、カニ好きの間では知名度が高いのですが、一般的にはまだあまり知られていないかもしれませんね。 兵庫県の漁船は、隠岐近海と丹後沖の二つの漁場でズワイガニ漁を行っているのですが、津居山港には丹後沖側のズワイガニが水揚げされています。 丹後沖の漁場は環境が良いことで知られており、その潮の流れや水温などから生み出される津居山ガニの豊かな甘みと身の締まりは、一度食べたらやみつきになると評判です。 また、津居山ガニは基本的には日帰りで操業するので、最高に鮮度が良い状態で水揚げされます。 さらに、津居山港では他の港とは違って、競り落とした海産物をすぐに持ち帰っても良いと決められているのです。 そのため、津居山ガニは仲買人から競り落とされるとすぐさま目的地へと配送されます。 この新鮮さも、津居山ガニはズワイガニの中でも最上級品とされている理由の一つです。